山形県米沢市の高校・大学受験塾「伝説の松本学習塾」のブログ

山形県米沢市の高校・大学受験塾「伝説の松本学習塾」の塾長が記すブログです。勉強方法やその他のことなど、独断と偏見ではありますが役に立つ情報をつづっていきます。

記事リスト

「英語編」

・英語の独学で役立つ参考書紹介

・全ての教科に応用できる暗記法:大学受験の英単語の覚え方

・英単語1000個を独学で覚えたら次もまた1000個覚えたほうがいい話

・「英語は役に立ちません」ネガティブだけど英語が苦手な人には希望がある話

・TOEICを受験したい高校生が最低限やっておくべきこと~4冊の参考書でリーディングの基礎固め~

・英語は嫌いなままでも実力はつく~2022年合格実績一部紹介中央大学合格~

・高校生は英語をいい加減な発音で学べ~大学受験カタカナ英語推奨論~

・リスニングの前に長文読解・速読を習得すべき理由~TOEIC・大学受験英語~

・「英単語は暗記させない」教育論に関する反論。やっぱり結局暗記ですという話

・英単語というストーリーに乏しい無味乾燥単純暗記が作る「壁」~余計にやり過ぎる人は強いという話~

・6年間も英語を習っておいて英会話ができないのは当然という話~単語帳も配らないくせに何をか言わんや文科省~

「数学編」

・高校数学の「攻略ちょろい順」リスト 

・数学の公式の覚え方(三角関数を例にして

・数学の実力≒反射神経の数である

・苦手な問題はとりあえず飛ばしまくる~証明問題はやらなくてよい~

・第三種電気主任者試験合格体験記とその要領~文系の私の色々な失敗例・電験三種~

・数学カルテpart1~最新まで一覧

「国語編」

・国語が苦手な子への対策の一つ~文化数とカルチャー数を増やすことの重要性~

・子供には難しい大人言葉を積極的にぶつけないと国語力が落ちるという話~現在進行形くらいちゃんと教えろ~

「勉強方法編」

・大学受験は地頭だけで戦うと負けます~参考書というブースターの重要性と失敗事例~

勉強する時は正しい姿勢でやったほうが成果が出ますか?

「高校生のうちにTOEICを勉強しておいたほうがいいですか?」

・​「学校の授業中に内職(別の勉強)しちゃ駄目ですか?」

「受験生はたまに休日を設けるべきでしょうか。また、寝るのが好きなので9時間は寝たいのですがダメですか?」

・できていない人が意外と多い「勉強の時間配分」と「一日の最低勉強時間」

・土日は勉強時間を偏らせてるみる重要性

・意識の高さは理想の高さではなく具体的な時間の使い方で測定できるという話

・志望校の性格の悪さ(重箱度)を早めに確認せよ~「分析と抽出が一番大事」という話~

・二次試験対策で伸び悩む人は参考書を絶対に使うべし~受験と学問は違うという話~

 

「モノ申す編・その他進路など」

・「なぜこの塾をやるのか」+塾長の半生 | 伝説の松本学習塾

・ここがヘンだよ興譲館その1~教育手法編~

・ここがヘンだよ興譲館その2~学校という構造が抱える受験課題~

・SSHは期間を短く、なおかつ2年生のうちに全て終わらせてくれないかなーという話

・どこにでもある地方の自称進学校(偏差値65~68前後)の運用方法~学校は通うのではなく使うもの~

「興譲館の宿題の量が多いのですが」
「学校から配布されている教科書やワークで理解できないうちの子が駄目なんでしょうか?」
・「高校中退ですが、国公立や有名私大は諦めたほうがいいですか?学歴社会に復讐したいです」

・「進学校に進みたいのですが、米沢東、長井、興譲館どの学校がいいでしょうか?」

 「高校一年からガリ勉しないと大学受験に間に合いませんか?周りはそうしてるのですが」
・「山形大学にはどのくらいの点数だと入れますか?この子は入れそうと判断する基準を教えてください」
・「成績的に興譲館に受かるのは難しそうだから他の志望校を考えなさいと学校の先生に言われました。どうしても行きたいのですが」
・「興譲館で成績不振です。勉強しなきゃという空気もちょっと重たいのですが、山形大学以上には行きたいです。無理でしょうか?」
 ・国公立大・私立大の学費と家計のお話
 ・2022年度共通テスト受験生の皆さん安心してください。文科省は頭のいいアホです。
・2022共通テスト当塾生の得点結果 通塾・オンライン両対応の松本学習塾  

「受験に関係ないけど多分重要な教育論編」

・「感謝できる≒頭がいい≒大学受験に勝てる」という方程式~頭が悪い人は道徳ができないという話~

・教育に危機感がない自治体は今後大体滅ぶという話~山形県真室川町の教育補助事業の素晴らしさを例に~

・父性≒厳しさ≒子供の学力~母親よりも父親の「親父」感・父性のほうが教育において重要である説~

・子供に自発的な読書習慣をつけさせるための2要素「慣習化」「議論」~当たり前と恥の感覚~

・親が難しい資格を持っていたり経営者だったりすると 子供のモチベーションや自発性が高くて結果的にめちゃ伸びる話

礼儀・マナーの偏差値が低い保護者のご家庭は、子供の学業偏差値も低いです

また、伝説の松本学習塾です。

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾です。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。

www.matsumoto1057.com

 

「うちの子は駄目でねえ」
こういった文言を躊躇なく切り出すご家庭がまれにいらっしゃいます。
いや、駄目なのは子供ではなくあなたです。
そしてこういうご家庭の場合、往々にして問い合わせの文面も
礼儀マナーの面で著しく無作法です。

問い合わせがぶっきらぼうなご家庭は大方、合理的でないことが多いです。
なんらかの見栄かポリシーがあるようですが、
話を聞いていると無意味な理不尽が多いです。

 

「お前は勉強できないんだから塾行ってもしょうがないだろ」

 

と塾に行きたい子供を押さえつけて結果的に志望校に受からなかったり。

 

「勉強法とかいい参考書とか言ってないで、
 ちゃんと学校の授業でだけいい成績を出せないお前が悪いんだ」

 

と選択肢を限定しすぎた結果、子供が身動きできなくなっていたり
と謎の教育方針が確立されている世帯が多い印象です。
プライドというよりは、ただの見栄っ張りが多い印象です。
したがって、他人に対して頭を下げるとか下手に出る、
丁寧な接し方から始動するという礼儀・マナーの偏差値が低くなるのかなあ、
といった所感です。

 

「大げさに、異様にかしこまった文面や態度で慇懃無礼なほどにやらない家は全部駄目だ!」

 

ということではなく、
あくまで常識程度のマナーのことを本記事では言及しています。
知り合いと通りすがったら会釈程度はするのが常識かと思いますが、
その程度の話です。
それができない保護者の方は、実はかなり多いです。
「お恥ずかしい話なのですが、うちの子はこういったところが不出来で…」
という切り出しはよくされますが、
「いや、恥ずかしいのはその子ではなくてあなたのマナーの無さじゃないんですかね」
と内心思うことがままあります。

 

各世帯ごとに固有の教育方針があるのは理解できますし、
それが他人から見れば全て「謎の」教育方針になるのもまだ理解できます。
ですが、その方針に論理の欠如や筋の通らなさを感じさせるご家庭は、
子供の学力も怪しげな状態が長く続く傾向にあります。
上に述べた例で言えば、

 

「勉強ができないなら、塾に行って補強するのが普通では?」

 

という突っ込みを入れざるを得ないです。
または、

 

「宿題丸写しで出せとか、授業中は内職しろとか、そんなことして
 本当に大丈夫なんですか?なんてことを言うんですか」

 

といった反応がたまにあります。
(常識的な手法ではないので軽い拒否反応があるのは理解できます)

 

「今学校で受けているカリキュラムが現在の本人の実力とかけ離れているのに
 それを依然真面目に受けても現状は変わらないのでは?
 それよりは宿題丸写しでも内職でもして時間を節約して
 自分の力量に合った学習を積み上げるべき」

 

という論理のほうが、しごく合理的だと思うのですが、

 

「学校の授業を聞いて学ぶ以外の手法は許さん」

 

のような親御さんからすれば邪道でしかないのでしょうね。
(邪道である自覚は大いにありますが、合理的だとは思っています)
「邪道はとにかく許さん!」
「うちの子に限って王道とか常識的な道を歩めないなんて」
というような空気がとにかく見てとれます。

 

しかし率直な意見を言わせてもらえれば、

 

「えー?王道で育てたり鍛えた結果、うまくいかなかったのでは?
 それを今後も続けたら、またうまくいかない状態が続くだけでは?
 邪道だろうが何だろうが、結果が出そうな合理的な道を選ぶ以外に
 選択肢はないのでは?」

 

といった感じです。
結果が出るほうの選択肢を選べる柔軟さが親にあれば、
いくらでも挽回は可能なのが人生だと思うのですが。

 

また、こういった「邪道は許さん」的な方針の世帯だと、
子供が2人いたとして1人は学業が順調で、1人が停滞気味なことも
よくあるケースですが、うまくいっているほうの子供についても
正直大した伸びしろはないといった印象です。

 

「うまくいっているほうの子供についても
 そんなに図抜けた実績があるわけでもないのに
 なんでそんなに自分の方針に自信を持っているんだろう?」

 

というのが率直な印象です。

 

「これくらいのレベルには達していてほしい」

 

というプライドは持っていたほうがもちろんいいですが、

 

「この勝ち方しか許さん!」

 

的な見栄っ張り成分が多すぎると却って駄目なケースが多いです。
重要なのはスタイルではなく結果が出るかどうかです。
結果を優先できる合理性、精神性がないからこそ、
「うまくいってるほうの子供」についても
大した結果が出ないのかなーという印象です。

 

重要なのは王道か邪道ではなく、その子供にとって
どの道が合理的であるか、です。
合理的というのは、結果がより出やすいほうを選べるということです。
結果に合わせて行動を変えられる柔軟性があるということです。
どういった手法が合理的であるかを優先すべきであって、
そのスタイルがどうとかを考えるのは親のエゴであって
しかもそれはただのわがままです。

 

「こういう勝ち方じゃないと嫌なんだーい!」

 

は自分の人生には適用しても全く問題ありませんが、
子供にそれを適用するのは虐待と何ら変わりないと思います。
子供はある程度親のエゴと流儀で育てて全く構わないと
私は思っていますが(そうでないと子育てなどという理不尽なものは継続できません)
「合理性をあまりにも伴わない教育方針」
は虐待であり、親の責任であり、それが原因で子供の学業がふるわないのであれば
それは子供の罪ではなく親がバカなだけです。

 

「最低限のプライドはあったほうがいいけど、
 結果主義でないただの自己満足的な見栄っ張りは子供が失敗する確率が高まるし
 再チャレンジもしづらくなるのでは?」

 

というお話でした。

そしてそれが端的に表れるのが、保護者の方の礼儀・マナーの領域です。
見栄っ張りで柔軟性に乏しくて、わがままが多い保護者のご家庭ほど
礼儀・マナーの偏差値も低いケースが多いです。
そりゃそうです。
「見栄っ張りで我が道だけを行きたい」のですから、
他人に配慮したマナーなんか身に着いているわけがないのです。
他人に配慮もできないのだから、自分の子供の現状も考慮が及ばず、
膠着したような教育状態が永久に継続し、改善が実施されないのです。
自業自得です。

 

私は礼儀・マナーを必要以上に細かく言うほうではありませんが、
せめて自分から名乗ったり、「よろしくお願いします」の文言くらいはつけたりして頂いて、
「いいからとにかく全部そっち主導で決めてよ」的な丸投げの態度はやめて頂きたいですね。

 

「あなたがそういう生き方なんだから、そりゃやっぱり子供もうまくいかないんじゃないですかね」
「さもありなん」

 

といった感じです。
愚痴みたいなブログでした。
長文お疲れさまでした。

 

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾でした。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。
オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

LINEでいつでも質問・個別解説・全教科勉強法伝授・戦略立案・進捗管理など全方位的に塾生の学力アップをフォローしています。
ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。
www.matsumoto1057.com

探求型学習は、実はそこまで素晴らしくもないんじゃないか説~詰め込みは避けては通れない~

また、伝説の松本学習塾です。

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾です。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。

www.matsumoto1057.com

 

昨今、「探求型学習」という授業方式が何かと取沙汰されるようになってきました。
その指導内容をざっくり要約すると
「知識の詰め込みよりも、流れや理由を考えたり調べることに重点を置こう」
です。
一見すると、とてもいい内容です。
実際、いい部分ももちろんあります。
しかし、使い方を間違えればむしろ学力や勉強・訓練への耐性が落ちる確率が高まります。
理由は単純です。

 

「人間は質の高い考えに至るためには、大前提として大量の知識や視点が必要だから」

 

です。
また、

 

「自分の頭で考えることばかりやっていると、所詮自分の脳みそ程度のレベルのことしか思いつかないし、視界に入らない。」

 

からでもあります。
悪い言い方になってしまいますが、

 

「最初から自分の脳みそで考えるよりも、自分より頭のいい人間の考えや知識を
 盗んでから改めて自分で考えたほうが、より高いところにより早く到達できる」

 

です。
以下、詳しく触れていきたいと思います。

 

私の見聞きする狭い範囲でさえ、
探求型学習を実施する学校が昨今増えているようです。
しかしここ数年の動向を見ていると、

 

「なんかあまり本質的な内容には思えないし、
 なんなら受験の邪魔だな」

 

という印象です。

 

「思考力や意識の向上につながっているかはなんとも不明瞭なのでわからないが、
 でも結局志望する大学に受からなきゃ何の意味もないのでは?」

 

とも感じています。
受験勉強や詰め込み式の教育から、結果的に目をそらして逃げているだけ
というような印象があります。
「めんどくさい訓練とか、なるべくやらないでレベルアップしたいなー」
というような、レベルの低い怠け心を感じます。
(怠惰にもハイレベルと低レベルが実はあるのです)
探求型学習に関する悪口はここまでにして、
以下具体的に
「考えるよりもまず知識を詰め込め」
が重要であるか語っていきたいと思います。


考えること以上に、知識が重要です。
知識が一定量以上なければ、考えることすら不可能だからです。
知識詰め込みによる基礎体力と筋トレができていない状態で
いくら「高い意識」とか「関心・意欲」とか「学問の面白み」とか言ってみたところで
染み入る下地が作られていなければ、すぐに忘れてしまいますし、
段階を踏んで論理的に思考することもできません。

 

これもまた私見に過ぎませんが、
探求型学習に重きを置き過ぎると、

 

「勉強における基礎体力を落とすだけ」

 

という結果に陥ると私は考えています。
そうなった場合、またさらに10年~20年という歳月をかけて詰め込み式教育に先祖返りすることになるでしょう。
一時期問題になった「ゆとり教育」が結局なんの成果ももたらさず、
むしろ悪い結果を招いたことを受け、制度を改めてカリキュラム数が増えた流れと同じことが起きると予測します。
その意味で、探求型学習は、ゆとり教育と同じ線上に存在するものと言えます。
(単にカリキュラム数を減らすだけのゆとり教育よりは大分マシですが。
 しかし「知識偏重はよくないから、考える時間を増やそう」
 というのは、結局のところ「詰め込み訓練の時間を減らしただけ」です。
 増やすとか減らすことが本質ではなく、詰め込みの時間を確保した上で
 別の質の訓練を掛け合わせることこそが、日本の教育課題の本質です。
 文科省は問題の根本を履き違えています。)

 

探求型学習を重点的に実施した結果、学生の知力向上という側面において
なんらかの成果が出るとしても、それは元々が優秀な、
偏差値70以上の学生に限った話ではないでしょうか。
それ未満の学生は大して成果が出ないし、むしろ悪化すると思います。
理由は、繰り返しになりますが、訓練の時間・学ぶ量が減り、
ひいてはそういった「詰め込み」への耐性すらも減衰するからです。
少量の知識と思考でうまいこと戦ってみようなどというのは
極めて傲慢な考えですし、先人たちの知性の累積に対する敬意の欠乏そのものです。
(まあ、この予測が外れるかもしれませんし、私が間違っている場合も大いにありますが、外れたら外れたでそれに越したことはありません)

 

訓練への耐性の弱体化も問題ですが、
さらに別の問題が浮上することも予想されます。
「思考力を大事にしよう。思考力重視のカリキュラムや入試に変更しよう」
一見筋が通っていそうで、実は大前提が成立していないこの理屈は、
昨今言われがちな「格差」をさらに招くのではないかと予想しています。
いわゆる「教育格差」です。
一定以上優秀な学生においてはそれなりによい成果が得られる一方で、
そうではない大半の学生にとっては単に「詰め込みがゆるくなった」分だけ
知的な力が落ちるのですから、両者の知的格差は広がる結果となります。
上はさらに上に上がって、下はさらに下に下がるイメージです。

また、偏差値70前後の学生(所属高校の偏差値ではなく学生個人の実力が)ほど、
要は優秀な学生であるほどに詰め込みへの耐性、体力がありますので、
実は詰め込み学習については大した不満もないと思います。
(つまらない、めんどくさいくらいには思っているでしょうが)
むしろ

 

「何事においても一定以上のレベルに達するまでは単純大量暗記もやむをえない」

 

という現実を受け入れていると思います。
詰め込みのつまらなさ、無味乾燥さについて何かと大きい声で愚痴を言いがちなのは
偏差値70未満の学生だと思います。
しかも、詰め込み的な訓練を大して通っていない学生がほとんどだと思います。
(なお、MARCH以上に受かった人は愚痴を言ってもOKです。
 MARCH以上は、詰め込みを一定以上こなさないと絶対に合格できないからです。
 そういったハードルを越えた人は「詰め込みはつまんねえよ」と批判する資格があります)
悪い言い方をすると「弱い奴が試練を越えもしないで試練内容を批判している」のです。
これはただの甘えです。

 

「詰め込みは面白くないから、じゃあ探求型学習でならなんか自分にもできそうかな」

 

と思うきっかけを大半の学生に与えられること自体はいいのですが、
それはあくまできっかけであって本筋ではありません。
重要なのは探求型学習によるとっかかりの面白さや気楽さではなく、
詰め込みなどの訓練への耐性をつけさせることです。

 

もちろん、ただただ「いいから全部暗記しろ」では無理がありますので、
暗記の方法、訓練のコツなども同時に伝授しながらでの話です。
そもそも、自発性や主体性を身につけさせたいというのであれば、
いずれ我流で学ぶにしても必ずどこかの領域で

 

「この分量の知識を詰め込まなければスタートラインにすら立てない」

 

という事実にぶち当たるわけです。
その時に探求型学習メインで育てられた子供の何%が「詰め込み」領域に耐えられるのでしょうか。

 

「うーん詰め込みとか単純暗記はなんかつまんないな、他にそういうのじゃないのないかな」

 

と逃げる確率はかなり高いかと思われます。
(当塾の塾生でも、地頭のいい子は一定数いますが、
 当塾の独学訓練手法に慣れるまでは「もうちょっと別のやり方ってないんですかね」

 的な意見が出ることもしばしばです。
 ストレス少なめの暗記法・要領を教えてもなお、そうなる確率が高いのです。
 地頭の強い子でもそうなる確率が高いのですから、そうでない子ならなおさらです。
 負荷の少ない手法に逃げたくなるのが人間です。
 上記のような塾生には「いずれ人生のどこかで必ず単純大量暗記の壁に

 ぶち当たるんだから、その時のためにも今から慣れておいたほうが

 いいからやんなさい」と回答しています)

知識を仕込まないと人間は、思考を始めることすらできません。
詰め込むことから逃げて、考える力だけを養おうなんてのは甘ったれの言い草です。
指導カリキュラムは探求的になっても、
肝心の大学入試の試験内容は依然として詰め込みを前提とした内容なのですから、
探求型の指導内容は、意味のないカリキュラムなんじゃないかなーと個人的には思います。

また、共通テストにおいてもやはり詰め込みを避けて通ることはできません。
共通テストは国が実施する試験ですから、一定程度思考力を問う問題の分量が多くなってはいますが、それでも全体の50%は依然として知識詰込み型の構成になっています。
知っていなければ解けない問題が50%ということです。
思考力を問う問題においてもやはり最低限の知識は必要で、
「思考力を問う」問題だからと言って
「思考力『だけ』を問う」ているわけではないのです。


まとめに入ります。
繰り返しになりますが、
探求型学習が効果を発揮するのはあくまで

 

「詰め込みに十分耐性があり、それを一定程度突破した学生(偏差値70前後の学生)のみ」

 

です。(私見ですが)
それ以外の学生にも多少の効果はあるかもしれませんが、
しかし大勢として受験学力的な力を養うには至らず、志望校合格につながらないのですから最終的にあまり意味がないのではないかと思います。

基礎体力も鍛えず、筋トレもこなしていない奴が、
大会本番で勝てるわけがないじゃないですか。

 

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾でした。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。
オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

LINEでいつでも質問・個別解説・全教科勉強法伝授・戦略立案・進捗管理など全方位的に塾生の学力アップをフォローしています。
ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。
www.matsumoto1057.com

数学カルテpart4:高校数学「順列・組み合わせ問題でヒトとモノの区別するしないがよくわかりません」

また、伝説の松本学習塾です。

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾です。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。

www.matsumoto1057.com

 

今回は、数学カルテです。
単元は順列・組み合わせです。
それでは診断と処方を記していきます。

当塾では、塾生からLINEで随時質問を受け付けており、以下の問題に関する質問がありました。

順列・組み合わせ




 

youtu.be

塾生からの質問は以下の通りです。

「この解説(右ページ)に書いてあるヒトとモノの区別する・区別しないは

 どういう基準で判断すればいいのか?」

結論から言えば

「ヒトは区別する。モノは数が同じグループで分ける場合には区別しない」

ということになります。

以下、詳しく触れていきます。

 

画像・動画に載っている(1)~(5)について触れていきます。

文字起こしすると煩雑なので、動画を見ながら以下の文言を読んで頂ければと思います。


(1) 冊数ごとの「違い」がある→区別ある
(2) 人はとにかく区別あり。冊数同じでも。
(3) 3冊を3組とかだと、「モノ」については区別なしとする。
  ともかく「組み合わせ」単元に関しては
  「ヒト」は区別する。「モノ」は区別しない。
  くらいのいい加減なルールだと思ったほうがいい。
  正直かなりどうでもいい部分なので、

       深入りしないでそういうものだと割り切ってやるほうがいい。
(4) 「同じ数のモノが2グループあったらもうそれは区別できない」
(5) (4)と同じ理屈。

 

組み合わせ問題は、

 

「ある程度までは構造を理解する必要があるが、

 ある程度以降はテキトーに割り切ったほうがいい。

 全部ちゃんと理屈を理解しようとすると沼にはまる。

 順列・組み合わせ問題は大して面白くないから大体そんな態度でよい」

 

です。

最後のほうの文言は完全に私個人の主観ですが、おおむねこういった感想を

持っている方は多いようにも思います。

そういった苦手な単元・問題は、解法やテクニックだけをそこそこ習得するに

留め、あまり真面目に、正面から取り組まないようにしましょう。

ストレスと時間がもったいないです。

他の勉強にエネルギーを割きましょう。

 

まとめです。
症状:ヒトとモノの区別する・しない問題はどう考えればよいか
処方:ヒトは数がどうであろうと区別する。モノは数が違う場合のみ区別する


山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾でした。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。
オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

LINEでいつでも質問・個別解説・全教科勉強法伝授・戦略立案・進捗管理など全方位的に塾生の学力アップをフォローしています。
ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。
www.matsumoto1057.com

子供には難しい大人言葉を積極的にぶつけないと国語力が落ちるという話~現在進行形くらいちゃんと教えろ~

 

 

また、伝説の松本学習塾です。

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾です。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。

www.matsumoto1057.com

 

今回は

「子供にわかりやすい言葉だけで対話していると

 子供がいつまで経っても子供のままだし、国語力が伸びなくて

 その結果学力も伸びませんよ」

という話です。

以下に引用する挿話は

「『be動詞+~ing』を学校で既に習っているのに、「現在進行形」という文法名称を知らない」

というような内容です。


入塾したての塾生との会話の中で、以下のようなやり取りがありました。


私「じゃあ現在進行形のとこ、ここからここまでやってくれる?」
生「現在進行形ってなんですか?」
私「あれ、でもさっき正解できてたよね。学校で習ってないの?」
生「ああ、あれ現在進行形って言うんですか。
  なんか、学校ではなんとなくいつの間にか英語で習ってましたけど、
  そういう名前だとは知りませんでした」
私「学校の先生はそういう正式名称、言わないの?」
生「言わないですね。初めて聞きました」

 

おそらくですが、この調子だと
「3単現のs」についても文法的な名称は説明されず、
「英語の表記ルールでなんとなくsをつけなければいけない時がある」
程度の習い方になるのではないかと邪推しました。
ここで問題になるのは

 

「英文法の正式名称をきっちり教えろ」


ということ以上に、

 

「子供にわかりやすい表現ばかりしていると、いつまで経っても子供が子供のまま」

 

ということです。
具体的には、

 

「子供に何かを伝える時に、大人の単語や言葉遣いも躊躇なく混ぜ、
 その都度、『この言葉はこういう意味だ』と簡単に補足説明をつけて話す」

 

です。
こういったことをしないで、


「子供にわかりやすい、子供に距離の近い表現だけで説明しよう」


というのは、子供のことを考慮しているようで実は何も考慮していません。
これは教える側の職務怠慢です。
教育する側の仕事は、子供にわかりやすく伝えること以上に、


「子供を部分的にでも大人の領域に近づけること」

 

です。
つまり、「子供をある程度大人扱いしていくこと」です。
冒頭に引用した学校の先生は、おそらくそれほど悪い先生ではないのだと思います。
ですが、

 

「子供は『現在進行形』なんて堅苦しい表現は知らなくてもいい。
 中身さえわかっていればいい」

 

という教育態度は、ただの甘やかしであり職務放棄です。
百歩譲って「中身さえ知っていれば難しい単語は知らなくていい」としても、
高校以後の英語の授業で当たり前のように
「ここは現在進行形で云々」のような説明がなされるのは日常茶飯事なのですから、
そこで学生が「現在進行形ってなんだ?」
と息詰まるのは学習に支障をきたすことであり、
学生の伸びしろを奪うことにもつながります。


学校の先生に限らず、保護者の方や周辺の大人も、普段身近に接する子供に対して、

「大人が使うような熟語、漢字、言葉遣い、敬語」

これらを躊躇なく子供に対して使うことをお勧めします。
語彙力は、そのまま知性、学力、自主性にもつながります。
学力が高い子は、例外なく、抽象度の高い単語の意味を知っている数が多く、
そういった言葉の知識が多いゆえに各教科の読解力にも優れています。
勉強が苦手な子の大半は、そもそもモノを知っている数が少ないですし、
その大前提として「知っている言葉の数」が少ないです。
頭がいいとか悪いとか以前に、そもそも言葉の意味を知りません。

 

「普段から日本語でやり取りしているんだから、日本語は全部大丈夫のはずでしょう」

 

と思っていると大きな落とし穴にはまることになります。
試しに、事あるごとに子供に対して「この言葉の意味、わかるか?」
と聞いてみてください。
その返答次第で学力の高い低いもある程度わかります。
「伝わっていると思ったら、全然伝わっていない」のです。
「何度言っても言うことを聞いてくれない」の半分くらいのケースは、
「そもそも言葉の意味を理解していない」ではないかと思います。
(まあ、単なる反抗期であることも多いのですが、
 子供の語彙力を改めて確認することは意外と恐ろしい結果が見えるので

 肝試しをお勧めします)

 

また、学力が高い子は、礼儀やマナーも語彙力に伴って

大人に近いものを持ちますので、
大人から大人扱いされる機会も多く、
それゆえに大人から大人が接する情報や言葉を多く与えられ、
大人に近づく時期が早まります。
一方、「そうでない」子供は、子供っぽい言葉遣いや態度から
「この子はまだ子供だから大人の話をしてもしょうがないな」
とみなされ、ますます子供の状態を維持する結果になり、
先に述べた「大人に近い子供」と、知的成熟・精神的成熟において

距離を離される結果となります。

 

「たかが言葉のわかりやすさじゃないか」

 

と侮らないほうがいいかと思います。
子供の周辺にいる大人は、意図的に難しめの言葉を使うことをお勧めします。
これは意識的にやったほうがいいです。
難しい言葉には、簡単な言葉には備わらない
「匂い」「薫り」「雰囲気」「抽象的な意味合い」「微妙な温度」「ひだ」「機微」
が宿っています。
そういった言葉を多く知っている子供は、精神的な機微にも多面性が備わります。
平たく言えば「感受性豊か、ないし理解力が高い」状態になりえます。


例えば、「ルール」と「秩序」というほぼ同義の言葉についても、
あえて時折「秩序」という言葉を大人が使って見せるほうがいいのではないかと思います。
「秩序」という単語には「ルール」というシンプルにわかりやすい意味以上の匂いが言外に備わっています。
これは私個人の主観に過ぎない側面もありますが、
「ルール」は「単なる規則」という意味合いしか受け取られない雰囲気がありますが、
「秩序」には「単に規則を守る、という以上に、
その場全体を整然と、なおかつ厳かに取り締まる空気」のようなものを感じます。
(私だけかもしれませんが)
これもまた私見に過ぎないかもしれませんが、
難しい単語には

 

「本来の意味以上に、その響きや字面自体が持つ情報量の多さ」

 

が備わっているように思います。
すなわち、

 

「難しい単語を知っている数」≒「シンプルな単語しか知らない状態よりも所有する情報量が多い」

 

と言えます。
学力が高い子、あるいは学力に表れていなくとも頭のいい子は、
ほぼ例外なく、情報を浴びている量が多く、それゆえに知識が多く、
感受性が細かくなっていき、それに伴って表現力も豊かである印象があります。
確たるエヴィデンスのようなものは何もありませんが、
私個人の観測の範囲では、

 

「賢い子ほど、難しい言葉を知っている数が多い。あるいはすぐに理解できる」

 

ケースが多いです。
つづめて表現すると

 

「子供を賢くしたかったら、まず身近にいる大人が大人の言葉遣い、

 やや難しめの単語を意図的に使うことを心がけると同時に、

 ニュースや新聞その他の雑学について子供に会話を仕掛けてみよ。
 しかも、大人の言葉遣いで、大人を扱うように、補足説明をしながら」

 

ということになります。
子供を子供のまま扱うことは、大人としては一番楽で可愛いかもしれませんが、
それは長期的には子供自身の人生の損失につながるかと思います。
(どこまで子供扱いしてどこから大人扱いするかは各ご家庭の教育方針によると思います)

 

さすがに、「現在進行形」という名称くらいは授業で説明してほしいですねー。

それを実施しない先生は教員免許をはく奪してもいい気もします。
あんまり子供をおバカ扱いしないで欲しいものです。
子供は、大人が思っている以上に大人の部分を持っていますし、
大人として引き上げてもらえるだけの柔軟性も持ち合わせています。
子供と大人の境界線は、もっと曖昧なものでいいと、個人的には思っています。

言葉こそが、個人を人間にしてくれる最たるものであると日々感じています。

 

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾でした。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。
オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

LINEでいつでも質問・個別解説・全教科勉強法伝授・戦略立案・進捗管理など全方位的に塾生の学力アップをフォローしています。
ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。
www.matsumoto1057.com

 

 

英語カルテpart2:「If節がなんだか複雑で、どこで区切ったらいいかわかりません」

また、伝説の松本学習塾です。

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾です。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。

www.matsumoto1057.com

 

今回は英語カルテです。以下の一文に関する塾生からの質問です。
「この英文はどこでどう区切ったらいいんですか」

カンマの区切りがない関係施設のあるIf節

画像真ん中の英文(If he could ~

画像中央に位置している「If he could speak I believe ~」の一文が質問の対象となった英文です。

If節を含んだ文章ですが、If節(前半)と従属節(後半)の間にカンマがなく、
一見文構造が把握しづらいです。

さらに、主語と動詞が複数あり、なおさら構造が把握しづらくなっています。
しかし、こういったある種不親切な英文も、模試や入試本番では普通に出題されます。
したがってこういったものも読みこなせなければいけません。

 

では、どう読むか。

 

こういった「If節がある文で、どこで区切ったらいいかわからん」文では、
注目すべきは、wouldです。

 

If節は多くの場合、その後半部分において「主語+would」という構造を取ります。
これは高校生の場合、2年生あたりで習う内容かと思います。
いわゆる仮定法ですね。

 

で、本題に入りますと、このwouldの直前にある名詞が、
従属節の主語だと判別できるわけです。
ゆえに、その従属節の主語よりも前にある名詞や動詞は、
If節の中の関係詞節であると言えます。

 

この文を訳してみると

 

「もし彼(犬)が私が信じていることを話すことができるなら、彼は楽園は触れることによって得られる、と私と共に言うことでしょう」

 

となります。(英文との対応がわかりやすいように多少直訳気味に訳しています)

If he could speak I believeまでがIf節であり、

speak と I の間に関係詞が省略されている形になっています。

発想としては

「If節があるということはおそらく仮定法の文であり、

 従属節もおそらくあるはずだ。従属節は多くの場合wouldを伴うから、

 まずはwouldを見つけよう。wouldを見つけた。

 ならば、その前に位置しているI believeはIf節の一部であり、

 関係詞を省略したいつものやつだな」

という順番で考えるとよいと思います。

 

今回のポイントは、
「If節の基本構造を正しく習得していれば、一見把握しづらい英文の区切りどころも

 はっきりする」
ということです。
また、さらに踏み込んだことを言えば

 

「文法をなんとなくではなく、正しく構造的に理解していると 文章構造の把握に

 かなり役立つ」

 

ということです。
当たり前のことを書いていますが、
当たり前のことをやりぬくのは意外にタフな作業だったりします。
「文法の知識なんかほとんど熟語問題とか穴埋め問題で使うだけじゃないの」
程度の意識で取り組んでいると痛い目に遭うわけです。
そういうことにならないためにも、
文法知識の暗記に努めた上で、長文読解の演習の数をこなしまくりましょう。
数をこなさないと見えてこないものが山ほどあるからです。

 

また、これは英文の速読にもつながる理屈です。
速読とは英文構造に関する知識が一定以上ある時のみ可能だからです。

「こういう構造で来てるんだからこの先は大体こういう単語の配置や

 論理展開になるよね」

これが英文速読の内実です。
「文法はめんどくさいなー」と思わずに、参考書を利用して是非体得しましょう。
(学校配布の文法書は往々にして分厚過ぎるし、
 網羅的すぎて効率が悪いので市販のものを使ってください)
文法なくして速読なしです。

 

症状:If節の区切り方がわかりません
処方:まず落ち着いて、文法知識を基にして英文を仕分けしましょう。

   wouldの位置でIf節と従属節を見分けられます。

 

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾でした。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。
オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

LINEでいつでも質問・個別解説・全教科勉強法伝授・戦略立案・進捗管理など全方位的に塾生の学力アップをフォローしています。
ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。
www.matsumoto1057.com

どこにでもある地方の自称進学校(偏差値65~68前後)の運用方法~学校は通うのではなく使うもの~

また、伝説の松本学習塾です。

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾です。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。

www.matsumoto1057.com

 

今回はこきおろし系の記事になります。
地方の進学校(自称進学校と揶揄される束縛が強いタイプの高校)が対象です。
以下、触れていきます。

 

結論から申しますと、


「なんか自分が通ってる高校、進学校の看板がついてるくせにおかしくないか?」


と少しでも思った方には、以下の要点を抑えて通学することをお勧めします。

 

①人に会いに行け(頭いい人や面白い人の影響を受けることを主眼にする)
②学校あてにするな(合理的でも効率的でもないカリキュラムからさっさと離脱する。

    独学を進める)
③学校と正面から付き合うな(担任ガチャの不合理、「受験は団体戦」などの

    不合理な標語、低レベルかつ大量の宿題でつぶされるなど。

    無視していいものがたくさんある)


興譲館(偏差値65~68の高校)に行くならSSHスーパーサイエンスハイスクール≒探求型学習カリキュラム)あたりの指導内容については、自主的に強い興味があるのなら正面から付き合っても全く構わないのですが、
それ以外の指導システムはあてにならないし、他の普通の偏差値の学校と大して変わらないので自分で独学を進めてください。
自称進学校のカリキュラムは、あてにならないどころか、かなりの確率で学習の妨げになることが多いです。
授業や課題の拘束度合いが強すぎて自分なりにマスターする時間も体力も確保できません。
これは学生の芽を摘んでいるのとほぼ同義です。
現在興譲館に通われている方も、そしてかつて通われていた方も、
おそらく思い当たる節があるはずです。
「なんなんだろうなこのよくわからん、効果あるんだかないんだかわからん宿題の中身と量は」
と。
興譲館(その他の自称進学校)の進学実績はそれなりにいいものになっていますが、
それは興譲館のカリキュラムの賜物ではなく
学生が自主的に塾や予備校を駆使して努力した成果に過ぎません。
ゆえに、「あの進学校に入ったからいい大学に行けたんだ」
なんてことはほぼありえません。
つまるところ、大学受験は一人で勉強する時間(独学、自学自習)こそが最も重要であり、学校の授業等で他人から習う時間というのは些末な要素でしかないのです。
極論を言ってしまえば、どこの高校に通おうが
それによって進路に大きな影響があるということはありません。
興譲館においては、日本史・数学の一部の授業は大変有意義との噂があるので
 それらはあてにしてもいいかもしれません)

 

興譲館でうまくいかなかったから自分は駄目かも」

 

などと思わなくていいです。
駄目なのは学生ではなくて興譲館のほうです。
当塾にも興譲館の学生は複数在籍していますが、
成績がトップレベルの子も中間より下の子も口をそろえて言うのは、


興譲館は正直微妙な学校。そこに集まる学生はいいんだけど」


です。

 

こういったことは山形県米沢市興譲館高校に限らず、日本全国の各地方自治体に存在する自称進学校の特徴でもあるので、皆さん頑張ってください。
授業の量、補習の量、拘束時間の長さ、異様な課題の量など、


「学生を拘束する分量が異様に多い学校」

 

は全て自称進学校です。
そのシステムのおかげで学生の実力や進学実績が高いものになることはほぼありえません。復習、その他の定着に費やす時間が確保できないからです。
そういったシステムとは距離を置いて、自分のペースで独学を始めることをお勧めします。
今の時代、独学に必要な情報・戦略はネット上にごろごろ転がっています。
独学は誰でも可能です。
怖がらず、めんどくさがらずに独学の歩みを始めてください。
そうでないと、自称進学校のエゴイスティックかつ非効率なカリキュラムのもとで、
貴重な10代の時間をドブに捨てるハメになります。

 

「自称進学校の指導システムから距離を置け、離脱しろ」
とは具体的には何を指すのか。
これは端的には

 

・内職
・課題まる写し提出
定期テスト対策は赤点ギリギリレベルでOK

 

などです。

詳細は当塾ブログの他の記事にて記していますのでご参照頂ければ幸いです。
内職や宿題丸写し、定期テストを捨てるなどと言うと
難色を示すご家庭が多いです。

 

「そんな極端な行動をしても大丈夫なのか」

 

と不安になる気持ちもわかりますが、
学校と入試、どちらにもいい顔をすると学生の疲弊・負荷がすごいことになります。
学校のシステムと正面から付き合いつつ、模試や入試でよい結果を出す子も中にはいますが、あまりお勧めはしません。
そういった両立が可能なのは、ごく一部のスペックが元々高い学生だけです。

 

また、自称進学校にありがちなのが
「校内成績が悪いと3者面談、場合によっては4者面談」
という呼び出しを食らう形もあるようです。
結論から言えば、そんなものもどうでもいいです。

 

「大して効率的でも戦略的でもない指導カリキュラム・システムの中で
 定期テストの点数が悪い」

 

これは学生の問題というよりは学校側の問題なので、どうでもいいです。

 

「生徒の成績が悪い云々を問い詰める前に、自らの組織の教育システムの
 効率性や合理性を十分に練り上げたのか」

 

と問いたいです。
「テキトーに大量な、必要以上にハイレベルな内容の、解説も大したことがない問題集やらせとけばええやろ」
な課題を学生にぶん投げるだけの不合理かつ非効率なシステムでもって
「君、最近成績悪いけどどうしたの」
はないんじゃないですか。
「貴校、ここ100年くらいカリキュラムがヘンテコリンだけどどうしたの。
 なんでそんなシステムで自信持ててんの」
と問いたいくらいです。


塾・予備校に自主的に通う学生が置いていった進学実績が
自称進学校を勘違いさせ、増長させています。
その結果、多少勘のいい学生はますます
「この学校だけ使ってるとやばいことになるかも」
と自主的に外部の教育サービスを使用するようになり、
俄然、自称進学校の進学実績は向上する形になり、
学校は自らの指導カリキュラムにますます自信を持ち、
システムの硬直化が半永久的に継続するという悪循環に陥ることでしょう。

 

学校と正面から付き合わないでください。
進級できて、高卒の資格が得られて大学受験に臨めるようになれば、それでいいと思います。

 

「この高校、最初は期待して入ったんだけど幻滅したわ」

 

と思う部分があるのなら、その感覚は自然ですし真っ当です。
そういう方は直ちに高校を

 

「高卒の資格をもらうだけのところであって自分の学びを深めて実力を上げるところではない」

 

と見限ってください。
繰り返しになりますが、今の時代、独学するための情報はネット上にいくらでも転がっています。
やるかやらないか、それだけです。

 

「学校は往々にしてポンコツでありうる。進学校も例外ではない」

 

この認識はもっと広く普及されるべきものであり、

 

ポンコツからは半分離脱してよい(高卒の資格だけもらう」

 

といった合理的な行動を選択できる学生が増えればいいなと思います。
言い方はきつくなりますが、学校に寄りかかってなきゃ何もできないなんて、偏差値の高い人間のやることではありません。
偏差値が高いということは、自分で調べ、自分で考え、自分一人で歩めることを指します。

 

長文お疲れ様でした。

 

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾でした。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。
オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

LINEでいつでも質問・個別解説・全教科勉強法伝授・戦略立案・進捗管理など全方位的に塾生の学力アップをフォローしています。
ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。
www.matsumoto1057.com

6年間も英語を習っておいて英会話ができないのは当然という話~単語帳も配らないくせに何をか言わんや文科省~

また、伝説の松本学習塾です。

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾です。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。

www.matsumoto1057.com

 

今回は、モノ申す系です。
文科省の英語教育にモノ申し、各家庭ですぐできる対策を記します。

 

まず、英語教育に関する序論から入ります。
「中高合わせて6年間も英語教育を受けているのに英会話ができないのはなぜか」
問題は、数十年前から言及されてきた内容です。
それを受けて、文科省も小学校高学年から英語授業を必修化する運びとなりました。

しかし、問題は早い遅いとか、あるいは学習量の多い少ないの問題ではありません。
重要なのは指導の中身です。
端的に言ってしまえば、

 

「単語帳を配布せよ」

 

です。
2022年現在でも、中学校においては英単語帳を配布していない学校が大半だと思われます。
(学校によっては配っているところもあるかもしれませんが少数派だと思います)

至極当たり前の話ですが、英語をはじめとする語学は、単語から始まります。
文法を説明する前にまず単語を暗記させないと話が始まりません。

 

「中学校レベルの英語教育なら、教科書だけで十分でしょ」

 

文科省が思っているのかどうか知りませんが、はっきり言って不十分です。
教科書とは別個の冊子として、単語帳を配布し、英単語を暗記する訓練を実施すべきです。
そしてこれは実質的な英語教育が始まる中学校から開始すべきです。
こういった基礎の訓練もなしに

 

「なんか知らんが日本の学生は6年間も習っておいて英語がしゃべれんなあ」

 

などとぼやいても全くの無意味です。
単語の絶対数も叩き込んでいないのに英会話ができるはずがありません。
偏差値が65以上の高校に通う学生でさえ、英単語の暗記量や暗記法について
ほとんど無知と言って差し支えないケースが多いのが現状です。
日本の英語教育は、学校の領域においては始まってすらいません。
この場合の「始まり」とは、英単語の基礎教育です。
昨今ではすっかり言い古されてしまった感のある
「詰め込み」教育です。
教育において、詰め込みを避けて通ることは絶対にできません。
詰め込みが問題なのは、
「いつまでも無味乾燥な詰込みばかりしている」
という、時期と質の観点においてです。
教育の初期段階において、詰め込み以外にスタート地点はありません。
ひらがなの50音順ですら、強制的に暗記させる以外に方法論がないのと同じことです。
教育は、まず知識から始まります。

 

したがって、英語教育の早期化(小学校必修化)もポイントがズレた指導要領変更と言えるでしょう。
まあ、文科省がズレているのはいつものことなので今後もズレ続けるのでしょうから、
文科省のやり口に声を大にするほうが野暮なのかもしれません。
(しかし当塾のブログでは野暮なことを永久にやり続けたいと思っています。
 「ならぬものはならぬ」です)
日本人の英語能力の相対的劣等は、
英語を早く仕込めば解決する問題ではありませんし、大量に教えれば解決する問題でもありません。

 

「必要な基礎訓練がすっぽり抜け落ちている」

 

数式で表せばこの状態は「0」であり、0に100をかけようが1万をかけようが計算結果は0です。
正しく始まってすらいない状態で、その上に何をかけ合わせたり積み重ねてもほとんど無効であるということです。
小学校から英語を必修化するのはいいとしても、まずは単語帳を配ってほしいところです。
そして暗記の訓練方法を教える授業を週1回でもいいので設けてほしいものです。
(これがうまく行きすぎると、生徒の独学力が高まって
 学校の先生の仕事がなくなってしまうと思って
 実施しないのかもしれませんが、実はそんなことはありません。
 とか言ってみても文科省の方はどうせ理解できないと思いますが)

 

話は少し変わりますが

 

「いったん学習に遅れた子供が、
 その内容が抜け落ちたままその後の学習についていけず、
 学習へのモチベーションが減退しますますついていけなくなる」

 

という現象は古今東西でよくある話です。
これは、英語においても往々にしてありえることです。
わからない英単語が多すぎてやる気が起きないということもありえるわけで、
そういった子供に再起の機会を与え、
やってみないでもないという気分を起こさせるには単語帳が有用です。
以下、その理由に触れていきます。
第一に、英単語帳は、コンパクトです。
中学生なら中学生用の英単語帳を与えれば、中学生の学習範囲に適した単語のみが収録されています。
学習は、ある程度まで狭いほうが有効です。
広すぎると、「これいつになったら終わるんだろうな」感や「めんどくさっ」感が湧きやすくなります。
ゴールがある程度見えやすい範囲のほうが子供の主体性を引き出しやすくなります。
「自分にもできそう」これが全てのモチベーションの根源だからです。
英単語帳が教科書と別個に与えられているだけでも、
上述したような「一回落ちこぼれた子」に再挑戦の機会が増えるわけです。

 

「英語の辞書があるじゃないか」

 

という声があるかどうかわかりませんが、辞書では駄目です。
ある程度コンパクトに、勉強を始動するハードルを少し低く設けられる辞書的な役割のもののほうがいいです。
それが単語帳にあたります。
大体、辞書を自ら引くような子供はそもそも学習意欲がかなり高いので学習においてこける確率は低いです。
「辞書を引けばいいのに」は教える側の怠慢です。
辞書では網羅的過ぎます。
効率が悪いです。
「落ちこぼれている生徒」の再起のツールとしてはハードルが高すぎます。
学習への意欲を高揚させる効果もありません。
言っていいかどうかわかりませんが、私は英語の辞書を引いたことがほぼありません。
英語学習においてそれが有用だと思ったこともありません。
全て単語帳なり参考書などの書籍を用いて学習しました。
「辞書を引いて勉強しろ」はマニア向けです。
万人向けではありません。

 

まとめに入ります。
賢明な保護者の方々は、英語の単語帳をなんでもいいので買い与えてください。
それを用いた訓練もなしに「しゃべれないねえ」などと言ってみてもナンセンスです。
他人主導の授業以上に、反復訓練をこなさないと技能は身に付きません。
これは英会話に限らず、全ての技能に言えることです。
「できない」のは、「能力がないから」ではなく
「訓練していないから」「訓練の方法を知らないから」
「訓練の方法を知る機会がないから」だけです。
当塾のブログにおおよそ方法論は書いてあります。
また、当塾でなくともネット上にいくらでも方法論は書いてあります。

 

ともかく、使うか使わないか以前に英単語帳くらいは中学生になったら買い与えてください。
持っているのといないのとでは大違いです。
(一応、大半の高校では単語帳を購入・配布させる傾向にありますが、
 やや手遅れの感があります。
 学習範囲が一気に広がった高校英語において、
 それまで配布されておらず使い方の要領も把握していない
 単語帳を突如渡されても、それは宝の持ち腐れでしょう)

英語学習の脱落者を産んでいるのも技能習得未遂率を高いままにしているのも文科省の責任です。
学生の責任や問題ではありません。

 

「配られるべきものが配られるべき時期に配られていない。
 そして単語帳をメインに据えた暗記のカリキュラムも存在していない」

 

訓練なしで身につく技能は存在しません。
語学は、技能以外の何物でもありません。
意識的に必要なトレーニングを経なければ、何の技能も習得できません。
文科省の目が開くのを待つのではなく(おそらく永久につむったままでしょう)
各ご家庭の意思で動く必要があると私は考えます。
長文お疲れ様でした。

 

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾でした。
ご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。
オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

LINEでいつでも質問・個別解説・全教科勉強法伝授・戦略立案・進捗管理など全方位的に塾生の学力アップをフォローしています。
ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければ幸いです。
www.matsumoto1057.com