山形県米沢市の高校・大学受験塾「伝説の松本学習塾」のブログ

山形県米沢市の高校・大学受験塾「伝説の松本学習塾」の塾長が記すブログです。勉強方法やその他のことなど、独断と偏見ではありますが役に立つ情報をつづっていきます。

英語は嫌いなままでも実力はつく~2022年合格実績一部紹介中央大学合格~

また、伝説の松本学習塾です。

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾です。
米沢市内・米沢市内遠方の方・南陽市高畠町・川西町・県内・県外の方でご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければと思います。

www.matsumoto1057.com

 

今回は当塾在籍の学生の2022年の合格実績の一部をご紹介します。
見事に、第一志望である中央大学商学部会計学科フレックスplus1コース合格を果たしました。

競争倍率は例年並みの約7.1倍です。

英語においては英作文が新たに出題されるなど、傾向の変化が見受けられ、やや難化した模様でした。

中央大学商学部会計学科フレックスplus1

中央大学商学部会計学科フレックスplus1



指導内容は「英語・その他入試に関わる全般的助言」です。
以下、説明していきます。

当該塾生は、英語がいまいち成績が伸びないという背景で入塾しました。
現在に至るまでの途中経過は省略しますが、
結論を先に述べると

 

「理系脳であるがゆえに単純暗記、機械暗記が大半を占める
 英語学習において、本来の能力に見合った成績が生じない」

 

という課題を抱えた学生でした。
これは当該塾生に限ったことではなく、理系の学生の方に一定以上見受けられる
典型でもあります。
「語学が苦手な理系」というのは典型的な傾向です。
想像している以上に、よくいます。
「英語を見ただけで眠くなる」
「無味乾燥でつまらないからやる気が起きない」
といった事例はこれまでにも複数見受けられました。

「英語が苦手な理系」の構造としては、2つあります。
「考える力が高いがゆえに色々な問題を思考力で処理できてしまうので、
 単純暗記という労力が多い勉強に免疫がない。反復作業に訓練慣れしていない」
「合理的過ぎるがゆえに、意味性や文脈性、論理性の薄い単純暗記が
 無味乾燥に感じられて興味が湧かない。覚えられない」
です。
今回触れている塾生については後者の趣きが強かったです。

どんなに指導法を最適化したとしても、学生自身の適性によって限界が定められてしまう
部分はあります。
当塾の指導法においては、手前みそではありますが要領・効率ともに自信はあります。
しかし、当該塾生の英語への苦手意識を最後まで解消することはできませんでした。

 

「どんな生徒でも教授法次第でその教科を好きになりうる。
 その教科を生徒が好きになれないのは教師の責任である」

 

というのはあくまで理想論に過ぎません。
当該塾生は合理的かつ自分が学びたいことが明確であるがゆえに、
その他の領域についてはモチベーションを出し切れないのだと推察します。
そして、受験においてはそれで何の支障もありません。
受験というのはあくまで手段です。
ありていに言ってしまえば

 

「入試さえ突破してしまえば
 入試科目で興味のないものはそれ以後の人生で一切触らなくてもよい」

 

のです。
ある意味、

 

「嫌いな教科でもうまいこと情報処理や訓練で乗り切る能力を持った人だけが
 うちの大学に入ってね」

 

というのが入試の隠れた本質の一つかもしれません。

 

綺麗ごとを言えば、

 

「学問というのは全方位的に関心を持ち続けなければならないのだ」

 

というのが「学校・文科省」的な言い分かもしれませんが、
実社会で生きていくことを考えれば全方位に関心を持ち続けることは不可能ですし、
その意味で必要なのは「やるべき領域の選定かつ剪定」です。
ざっくり言ってしまえば「得意なことだけ修行すればよい」のです。
そのほうが実情に即しています。
苦手なことはその都度問題が生じた時にのみ対処なり訓練なりすればよいのです。

 

話を戻しますと、

 

「ある教科の成績を向上させるために、
 その教科を好きになる必要も得意になる必要もない」

 

と言えます。
「得意になる必要はない」というのは若干語弊がありますが、
「入試に安定して勝てる実力をつけさえすればそれでよく、
 元々の適性を強引に変質させて無理やり得意になろうとしなくてもよい」程度の意味です。
端的にまとめると「実力だけつけばそれでいいではないか」ということです。
ただし、「実力だけつけば」とは表現しましたが、
当塾では入試を安定して突破できるだけの実力はみっちり叩きこみます。
「入試で勝てるんだか負けるんだか当落線上かなー?受かってればラッキー」のような半端な実力はつけさせません。

苦手意識を抱いたままでも高い実力は身につきます。
実力がついた結果、その教科を好きになることもあると思いますが、
実力がついてもなお嫌いであり続ける権利というのも実在しますので、
「好き嫌い得意苦手」は、極論ではありますが重要項目ではありません。

当塾は、ソリッドに、淡々と「入試に勝てる実力」を養成します。
苦手なまま勝利をもぎ取れるほうがすごいことだと思います。
得意な領域で勝つのは当たり前のことですから。
その意味で当該塾生は本当に頑張ってくれました。
長い間、お疲れ様でした。

語学、文系科目が苦手な理系の方は是非一度お問合せください。
(もちろん理系以外の方も大歓迎です)

某T進ハイスクールに通うよりも随分お安い月謝でコスパよく成果を提供致します。
無料オンライン体験指導・学習相談にてお応えします。

ご興味がある方は当塾HPにてお問合せ頂ければ幸いです。
「伝説の松本学習塾」で検索して頂いても結構です。

www.matsumoto1057.com