山形県米沢市の高校・大学受験塾「伝説の松本学習塾」のブログ

山形県米沢市の高校・大学受験塾「伝説の松本学習塾」の塾長が記すブログです。勉強方法やその他のことなど、独断と偏見ではありますが役に立つ情報をつづっていきます。

「進学校に進みたいのですが、米沢東、長井、興譲館どの学校がいいでしょうか?」

進学校に進みたいのですが、米沢東、長井、興譲館どの学校がいいでしょうか?」

山形県米沢市の通塾・通信両対応の松本学習塾です。

米沢市内・米沢市内遠方の方・南陽市高畠町・川西町・県内・県外の方でご興味のある方は是非一度お問合せください。

 

正直どの学校も似たり寄ったりなのでどこに行ってもいいと思います。
一応偏差値の序列としては興譲館>長井>米沢東の順にはなっていますが、実際は誤差程度の差しかありません。
偏差値が高い学校ほど、偏差値の高い生徒が集まる傾向は当然ありますが、それは本質的に重要なことではありません。
興譲館に行こうが米沢東に行こうが、この学校に通って勉強さえしていれば一定の大学に受かるなんてことはありません。
重要なのは「どの高校に通うか」ではなく「どのような質と量で独学を積み重ねられたか」だからです。
もっと言ってしまえば学校の宿題や授業では国公立大や有名私大には受かりません。
その意味で、どの高校に通おうが大差はありません。
また、高校というのは独学の方法は教えてくれませんし、学生も授業を受けているほうが楽ですから。先生も垂れ流しの授業をしているほうが楽です。
生徒が志望校に落ちても生徒自身の責任にできるからです。
もちろん、受験に受かるのも落ちるのも最終的には生徒自身の責任ではありますが、
しかし「私は話すべきことは話したのであとは生徒の問題です」というのはなんとも投げやりな話だなとは思います。
そもそも、高校は受験のための力を養う場所ではないので学校の先生が受験について責任を負う必要もないのですが。
高校に限らず、小中高それぞれの学校というのは「実力を伸ばす訓練する場所」ではなく、
「一定水準・平均を形作る基礎づくりの場所」です。
そこに勤めている先生が受験についてあーだこーだ言う資格も必要も本来ないのです。
先生の仕事はクラスの秩序を守ることと基礎学力を平均前後まで身に着けさせることだからです。
高校は基礎学力を身につけるところであって受験で闘う力を養うところではありません。
生徒が自力では伸ばせない実力を伸ばすサポートをするのは塾の仕事です。

話が若干それました。
意識の高さには高校ごとに多少の差があるようですので、そちらを基準に選ぶのもアリかもしれません。
私の体感ですが、興譲館が一番で、長井と東が同じくらいの意識の高さのような気がします。
まあ、それも別に自分で意識を高く持とうと思えばすむ話で、どこそこの集団に属して意識の高さを吊り上げようとか維持しようとかはあまり期待しないほうがいいとは思います。
個人的には興譲館は無駄な宿題が多いのでおすすめしませんが、それでもなんとなく、志望校を選べる実力があるのであれば興譲館でいいのかなーくらいには思います。

ちなみに当塾は意識が高いです。
受験で安定して勝つ実力を養うためのシステム、独学方法を余すことなく伝授します。
基礎学力は勿論のこと、本物の実力を身につけさせる自信があります。
松本学習塾は「志望校にギリギリ、なんとか受かればいいなー」程度の実力養成を目指しません。
勝つべくして勝てるだけの実力養成を最終目標にしています。
だからこそ本物の実力が身に着きます。
志望校合格に必要な点数が6割ならば、7割5分~8割得点できる実力を目標にします。
当塾のシステムやサポートを通じて興譲館以上の意識の高さを持って頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

facebookでは、当ブログとはまた別の記事を投稿しております。

(塾生の実力テスト・模試の結果講評と今後の方針や合格実績など)

Facebook

www.matsumoto1057.com