山形県米沢市の高校・大学受験塾「伝説の松本学習塾」のブログ

山形県米沢市の高校・大学受験塾「伝説の松本学習塾」の塾長が記すブログです。勉強方法やその他のことなど、独断と偏見ではありますが役に立つ情報をつづっていきます。

土日は勉強時間を偏らせてるみることの重要性

また、伝説の松本学習塾です。

山形県米沢市の通塾・オンライン両対応の松本学習塾です。
米沢市内・米沢市内遠方の方・南陽市高畠町・川西町・県内・県外の方でご興味のある方は以下のHPより是非一度お問合せください。オンライン無料学習相談・オンライン無料体験指導を随時受け付けております。

ご興味のある方は「伝説の松本学習塾」で検索するか、以下のリンクからHPに訪れて頂ければと思います。

www.matsumoto1057.com

 
今日は「たまには一点集中して勉強する」ことの重要性について語ります。
 
結果から申しますとやるべきことは
「土日の両方、一教科一単元を3セット(4.5時間)やりこむ」です。
セット数(勉強時間)については下記の記事をご参照ください。
この手法をオススメする理由が2つあります。
 
①違ったものが見えてくる
②気分転換、リズム変化
 
です。以下、説明していきます。
一点集中して4.5時間(分割してもよい)勉強して初めて見える構造や納得があるからです。
抽象的な表現になりますが、そういうことです。
1日に複数の教科を並行して進めるのが験勉強の基本ではありますが、全体をバランスよくというよりは一点を突破し、
その一点突破の数を増やしていくこともまた必要です。そうでないと見えてこない全体図が存在します。
 
また、毎日全範囲を広く並行してやったのでは疲れますし、飽きも来ます。
リズムが単調なのは大半の人にはストレスになるかと思います。
一点集中勉強は平日と休日でリズムを変えて気分転換も兼ねる意味合いがあります。
「勉強の気分転換が勉強かよ・・・」
と思うかもしれませんが、受験生はそんなもんです。諦めて勉強しましょう。
 
ぼんやりした話ばかりではとりとめがないので、具体例を挙げます。
私の受験生当時の休日1日の勉強の日程です。
一点集中科目は「数学:指数対数」です。
計4.5h勉強しています。
 
土→5:30~6:30      「英語」単語熟語など復習(1h)
    7:30~9:00    「数学」指数対数(1.5h)
         9:30~11:00   「世界史」(1.5h)
       11:30~13:00   「数学」指数対数(1.5h)
       14:00~15:30   「英語」長文読解(1.5h)
       16:00~17:30   「数学」指数対数(1.5h)
       19:00~20:30   「生物」(1.5h)
        21:00~22:30  「世界史」(1.5h)
        22:30~    23:30頃まで好き勝手に過ごす。漫画映画音楽読書その他。
           自由時間。その後就寝。
 
一点集中科目の合計勉強時間は3セット(4.5h)です。
この4.5時間で、同じ範囲を2周します。
2.2時間くらいで折り返すイメージです。
3時間で折り返してもいいです。状況による形で判断して大丈夫です。
このように復習も兼ねたほうが理解・暗記ともにはかどります。
夕食以後の夜時間はもう体力が落ちてきてやる気が出づらいので、
単純暗記の楽な勉強に切り替えています。
 
一点集中は特に数学で効果を発揮します。
普段は単元や解法の関係がわかりづらいからです。
一点集中をやることで関係性が見えてきたり、気付きが得られます。
1日のうちに多い範囲をこなすことが大事です。
1日で一気にやり、意識を切らないこと。これが重要です。
かと言って「土日は数学多めにやるから平日は数学放置でいいや」はやめてください。平日も一定程度継続しないと駄目です。
数学英語の二教科は他と違って範囲も広く、やった分だけ実力は上がりますが、サボった分だけ下降が加速する教科でもあります。
この二教科は平日休日問わず最低1セット以上継続してください。
 
受験勉強は並行と特化の切り替えが大事です。
これは受験に限らずあらゆる勉強に通じます。
この手法が読者の方に向いてなかったらごめんなさいですが、騙されたと思って一度試してみてください。
「ある程度一気にやる」は意外と効果があります。
皆さんの飛躍の一助になれば幸いです。
 
伝説の松本学習塾では、教科ごとの指導に加え、上記のような勉強時間やペース配分など全方位的に受験勉強を管理しています。
ご興味がある方は是非一度お問合せください。
無料オンライン学習相談でお応えします。